アルパックニュースレター190号

八坂神社蛭子社祭に福娘として参加しました

執筆者;地域産業イノベーショングループ 片野直子

 “えべっさん”といえば大阪の今宮戎神社が有名ですが、京都のシンボルともいえる八坂神社でも毎年華やかに“えべっさん”が執り行われることをご存知でしょうか。
 八坂神社の蛭子(えびす)社は、平安時代に祀られるようになったと伝えられ、全国のえべっさんの原点とも言われています。毎年1月9日夕刻に催される宝船の巡行では、七福神を乗せた宝船が八坂神社石段下から四条烏丸間を往復し、金の烏帽子に巫女姿の福娘が商店街の組合員に福笹を授与します。巡行は京都の目抜き通りを3時間かけて練り歩くもので、祇園商店街と四条繁栄会商店街振興組合(アルパック京都事務所も組合員)によって支えられているお祭りです。この伝統ある行事、今年は見物するだけではなく、福娘として参加してきました。
 当日は雪の舞う寒い日となりましたが、巫女姿に身を包んだ30名の福娘が集まると、目にも耳にも、寒さも忘れるくらいの賑やかでした。巡行がスタートすると、行列に遅れないように人込みをかき分けながら、百貨店、若者向けアパレルショップ、牛丼屋さん等々、組合員店舗へ一軒ずつ福笹を手渡していきました。私は河原町通り~烏丸通りの担当で、アルパック京都事務所にも笹を届けることができました。
 新年の挨拶とあわせて組合員の一年の商売繁盛を祈る行事ですが、巡行に参加した私たち福娘も八坂神社に帰る頃には、一致団結してご奉仕を終えた達成感に包まれました。地域に対する愛着を育み、街を支える力を養うという「祭り」が持つ大切な役割を、改めて感じた一日でした。
 福娘の募集は毎年秋にありますので、応募資格のある方は是非チャレンジしてみてください。いつもとは違う視点から、古都を支える京都人の力を垣間見ることができると思います。ちなみにアルパックに届けた福笹は、京都事務所の入り口に飾られています。事務所にお越しの際はぜひご覧ください。



アルパックニュースレター190号・目次

2015年3月1日発行

ひと・まち・地域

きんきょう

創始者に聞く

うまいもの通信

メディア・ウォッチ

まちかど