レターズアルパック202号

子ども建物たんけん隊
~建物の魅力の気付きと発信~

執筆者;建築プランニング・デザイングループ 増見康平

生きた建築ミュージアム大阪フェスティバル(イケフェス)には、子ども向けのプログラムもあります。

 現在、大阪市の生きた建築ミュージアム事業の展開方策として、イケフェスの展開や組織体制のあり方、また、建物やまちへの興味関心を向上させる方策などを検討しています。
 この検討の一環で先般、大阪市内の小学校において、子ども向け建築プログラムの社会実験、「子ども建物たんけん隊」を行いました。
 子どもたちは、校区内をまち歩きし、興味を惹かれた建物を見つけ、その建物の魅力について発表しました。大人の目線では、特徴的な建物が少ない地域でしたが、建物の要素や素材の見た目の面白さ、自分の家とは違うところ、さらに高さ制限により上階へ行くほどセットバックしている建物について「どうしてあんな階段のような形をしているのだろう」などと、好奇心豊かな発表が多くありました。「校区を歩き、興味のある建物を探して来なさい」とのミッションに対して、風景の中の「地」としてしか見てなかった建物を「図」としての認識に即座に切り替える子どもの順応性にただただ驚かされました。
 社会実験への参加を通じて、子どもたちは普段何気なく見ていた建物やまちへの興味・関心を持つようになったと思います。子どもたちが大人になっていく過程で、建物やまちへの興味関心がさらに強まり、建物の専門分野に進む人が少しでもいてくれたらなと思います。


 ミッションの説明を聞く子どもたち

校区内のまち歩き

校区内のまち歩き

レターズアルパック202号・目次

2017年3月1日発行

特集「願い」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

地域に寄り添って地方創生を考える

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど