レターズアルパック210号

茨木市市民会館跡地エリアを「みんなで育てる広場」へ

執筆者;地域再生デザイングループ/戸田幸典

 茨木市では市民会館跡地エリアを活用した施設の整備(2023年開設予定)に向けて、「基本計画」の検討が進められています。  跡地エリア活用のキーコンセプトは「育てる広場」。アルパックは、この基本計画の内容と活用にむけた市民意識醸成につなげるため、キーコンセプトの実現に向けた市民ワークショップと、会館前人工台地を芝生化し、実際に使ってみる「社会実験」の運営をサポートしています。6月2日と7月8日に「施設編」「広場編」としてそれぞれ2回、約60名の参加者とともにワークショップを実施しました。


ワークショップの様子

 「施設編」は、整備予定の施設機能(ホール・子育て支援・図書館・賑わいの広場等)について基本計画に市民アイデアを反映することを目的に、施設機能をうまく組み合わせた過ごし方・使い方ストーリーをつくり、基本計画につなげる「物語ワークショップ」を実施しました。
 また、「広場編」は、社会実験での市民による企画や将来の広場の使い方を考えることを目的に、実際の広場周辺の風景の写真を使った「情景ポスターセッション」でありたい風景・過ごし方を共有し、社会実験での広場利用コンセプトと企画づくりのワークショップを実施しました。
 秋には、ワークショップから見えてきた茨木市にあるいろいろな資源やコンテンツを活用した過ごし方や使い方ストーリーをもとにした「社会実験」企画を実施し、「暮らしの質を高める広場」づくりにチャレンジします。


広場編「情景ポスターセッション」

施設編「物語ワークショップ」発表の様子

レターズアルパック210号・目次

2018年7月発行

特集「おとなり」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

うまいもの通信

きんきょう&イベントのお知らせ

新人紹介

まちかど