レターズアルパック210号

多彩で、癖になる、韓国料理満喫

執筆者;サスティナビリティマネジメントグループ/中川貴美子

 旅といえば、やはり「うまいもん」もかかせません。韓国の旅での 「うまいもん」の一部をご紹介します。  安東河回村では、伝統料理(安東の特産品)のチムタク(鳥の甘辛煮)、塩サバ定食を堪能しました。安東は海から離れていますが、日本にも鯖街道があるように、韓国でも、塩サバが届けられるようです。


サムゲタン

 光州では、韓国と言えば外せない焼肉、冷麺、独特な甘いお茶などを堪能し、翌日の昼食は、サムゲタンを。サムゲタンは、あっさりとした味で、大きな鶏をさらっと食べることができます。また、それぞれの食卓には、白菜、大根、高菜、海鮮・・などの常時数種類の副菜がならび、辛いものから、それほどでもないものまで辛さもいろいろ。自分の好みのキムチを探すのも楽しさのひとつでした。そのほか、サービスエリアではかごいっぱいのイチゴやお菓子など、日常の食に触れるのもおいしい体験でした。
 普段以上に食べ続け、食も堪能した旅でもありましたが、案内の朴さん(本号特集執筆)の言葉どおり、ヘルシーな韓国料理で、無事(?)体重は変わらぬまま。暑い夏に、日本でも韓国料理屋さんを探してみたいと思います。


チムタク(鳥の甘辛煮)

塩サバ定食

楽安邑城の朝の朝食

サービスエリアでゲットした、いちごかごもり

レターズアルパック210号・目次

2018年7月発行

特集「おとなり」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

うまいもの通信

きんきょう&イベントのお知らせ

新人紹介

まちかど