レターズアルパック204号

学研都市37年~新しい都市づくりの主体

執筆者;名誉会長 三輪泰司

 4月20日、午後2時から、けいはんなプラザにおいて、「けいはんな学研都市新たな都市創造会議」第1回総会が開催されました。この日は「学研アーカイブ」の作業日で、後藤邦夫先生と資料整理に大わらわでした。文献から重要な問題が浮かび上がってきました。

学研37年とは 地域活動の“火花”

 今年は「学研都市30年」ということで、去る3月9日、大阪のグランフロントで記念シンポジウムが開催されました。1987年9月の建設促進法施行から数えると30年ですが、「奥田懇」設立の1979年9月からでは38年です。「重要な」というのは、地域の視座での“火花”は1980年9月21日です。37年前なのです。
 創立5年の山城青年会議所が主催した「明るい豊かな地域づくりと関西学術研究都市構想・シンポジウム」です。「住民参加」のはじまりです。南山城を“ふるさと”とするバイタリティあふれる若者たちが立ち上がったのです。ニュートラルな立場の青年会議所主催でしたので、地元自治体は総上げで参加しました。爆発的に動き出しました。火花が「炎」となったのです。青年会議所は5年後、創立10周年にも行っています。

住民の地域活動 都市づくりの内発力

 作業の行き帰り、学研都市を歩き回りました。研究施設は現在約130。続々と建って、用地が足りなくなっています。精華台の住宅地では僅かに残った区画で地鎮祭をやっていました。光台のグルメのお店がにぎわっていました。南稲八妻など旧集落にあってここにないのは社寺・墓地・お祭。
 「新たな都市創造プラン」は、文化・学術研究の振興、イベーション推進とともに都市形成の観点を加えて十数項目の指標で、相互評価しつつ都市としての発展を目指しています。目標は、サイエンス&カルチャー・パークでしょうか。
 地域の定住人口約25万というと中核市なみです。30余年、ここを生まれ故郷とする新世代が育っています。「外」からの投資を受け止め「内発」を主とするポイントに立っているというべきでしょう。
 府県を超える高次広域計画・行政と交通事業者の協議体があるのでしょうか。東北の復興でもそうですが、「商店街」は、地域を牽引する担い手です。

キーパーソン 新たな都市創造のリーダー

 震災復興でも、必ず、そこにはキーパーソンがいます。けいはんな学研都市は、統率力のあるりっぱなキーパーソンに恵まれています。山城青年会議所は市長・町長を輩出し、5周年シンポを主宰した坂本克也さんは、33年後、国際ロータリーの地区ガバナーを勤めました。いま、けいはんな学研都市のキーパーソン・ナンバーワンは、アルパックの杉原五郎会長でしょう。学位保持者で都市計画の技術士。都市計画コンサルタント協会理事、京都商工会議所議員・関西学研都市特別委員長、大阪中小企業家同友会副代表理事という社会的ポジション。なにより、地元木津川市の30年来の市民です。
 30周年記念シンポの時、ミルクコーヒーを飲みながら、OBの霜田さんと語らいました。「われわれはでかいことやったのだなあ。でもしょせんはよそもの。次の世代はすごい。ふるさとのために、主人公になって都市づくりに熱中しているのだなあ」と。


レターズアルパック204号・目次

2017年8月発行

特集「涼む」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

地域に寄り添って地方創生を考える

うまいもの通信

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど