レターズアルパック204号

子育てしながら頑張ってます!

執筆者;地域再生デザイングループ 岡崎まり・都市・地域プランニンググループ 依藤光代

 昨年末に第一子を出産し、この度、職場復帰致しました。今後ともよろしくお願いします。
 最近、妊娠・出産に関する話題でよく耳にするのは無痛分娩に関してでしょうか。2017年4月に厚生労働省が無痛分娩に関して緊急提言を行いました。急変時に対応できる十分な体制を整えた上で無痛分娩を実施するよう医療機関に求めるものです。その後、無痛分娩の件数や事故状況等に関する実態調査を行うと発表がありました。今回の出産で私は無痛分娩を選択したので、様々な報道や調査結果について非常に関心をもって見てきました。
 これまで日本での無痛分娩に関する調査は2007年から行われておらず、その時点では全分娩の2.6%でした。アメリカでは2008年時点で61%、フランスでは2010年時点で80%なので、それらと比較して非常に低い割合であったことがわかります。
 今回の調査の中間報告によると、2016年度は全分娩の5.2%であったことが判明し、2007年の調査から倍増していることが分かりました。それと同時に、行われた無痛分娩の6割が診療所での対応であり、日本では小規模な医療機関でより実施が広がっていることがみえてきました。
 今後、今回の結果をもとに安全対策が進められることになると思いますが、今回の出産で無痛分娩のメリットも多く感じた一人として、緊急提言や調査結果、報道等により妊婦にとっての選択肢の幅が狭まることなく、それぞれのメリット・デメリットを認識して個人個人が安心して出産の方法を選択できる環境が整ってほしいと思います。(岡崎まり)

 第二子出産のため、6月から産休・育休をいただくことになりました。平成30年の春に職場復帰をする予定ですので、今後ともどうぞよろしくお願いします。(依藤光代)


レターズアルパック204号・目次

2017年8月発行

特集「涼む」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

地域に寄り添って地方創生を考える

うまいもの通信

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど