アルパックニュースレター191号

昭和町界隈でどっぷり昭和を満喫!

執筆者;都市・地域プランニンググループ 中井翔太


 

 4月29日(水)この日は、「昭和の日」ということで、大阪市阿倍野区昭和町駅の周辺で開催されるイベント「どっぷり、昭和町。」にいってきました。
 駅を降ると、漂うおいしそうな香りで長屋が連担する路地(やっぱり長屋&レトロを満喫エリア)に引き込まれます。飲食の模擬店が並び、路地中央部の住宅では寄席が開催されおおいに賑わっていました。このエリアこそ本イベントの起源となった場所です。
 当日、会場に貼られていた活動紹介によると、2006年、宮大工により復元された長屋が大阪都市景観大賞に選出され、さらに、長屋建築として初の登録文化財に指定されました。これをキッカケに昭和初期の景観を残す長屋で働く若者が、人情味溢れる長屋のコミュニティを具現化したいとの思いで始めたのが「どっぷり、昭和町。」とされます。現在、このイベントも10回目の開催となり、商店街なども巻き込み多数の開催エリアを持つようになっています。また、当イベントとの明確な因果関係は分かりませんが、近年では、周辺の長屋をリノベーションした店舗等も出てきており、仮にこのイベントでエリアの認知が進んでいるとすれば、その波及効果は特筆すべきといえます。
 以前、187号のまちかど「塀の中から見た風景」にて、かつての人間の行動(3億円事件)が一般的に評価されない景観(塀)に「深み」を与えているという事例をご紹介しましたが、今回はまさに、暮らしの積層である景観を改めて評価することが人々の記憶を掘り起こし、更なる行動の積層を再び創起させた事例といえるのではないでしょうか。
 我々も景観づくりのお手伝いをさせて頂く機会がありますが、いわゆる「良好な景観」をつくることを最終目標にするのではなく、昭和町の長屋のまちなみの様に、あらたな人間の行動を創発する「引き金」となる景観づくりや評価の枠組みづくりを意識する必要性を再認識することになりました。
 将来、「昭和な景観」がどの様な意味を持っているのか、または意味自体を持ち得るのか…昭和の盛り場を勢いづけたという、コロナビールに酔いながら、そんなことを考えてみた休日でした。


「どっぷり、昭和町。」ガイド表紙

長屋としては初めて登録文化財になった
「寺西家阿倍野長屋」

アルパックニュースレター191号・目次

2015年6月1日発行

特集「昭和の風景を訪ねて」

ひと・まち・地域

新人紹介

きんきょう

まちかど