レターズアルパック202号

子どもたちはスマホといかに向き合うのか
~いこまスマホサミット2016の運営をサポートしました~

執筆者;都市・地域プランニンググループ 坂井信行

いまや子どもたちの生活にも深く入り込んでいる携帯電話やスマートホン。便利ですが、使い方一つで生活習慣の乱れや学力低下、さらにネットいじめや犯罪に巻き込まれる恐れもある諸刃の剣でもあります。

 こうした問題に対応していくため、生駒市の主催により「いこまスマホサミット2016」が開催され、私たちが運営のサポートをさせていただきました。各地の学校や自治体などで、インターネットに関わる情報モラルの重要性を日々、訴え続けておられるソーシャルメディア研究会の石川千明さんが全体の進行を、私たちは子どもたちの議論をサポートするファシリテーションを行いました。


 スマホの長所と短所を書き出す子どもたち

 当日は、市内の小学生、中学生を中心に31名の子どもたちが参加しました。まずはグループに分かれてスマホの長所と短所を書き出しました。次に時間、人間関係、危険の3つのテーマごとに携帯電話やスマホを使う上でのルールを考えました。グループごとに提案されたルールの中から、みんなで投票して「いこまスマホ宣言2016」として3つのルールを取りまとめました。
 スマホサミットは、子どもたち自身にルールを考えてもらうところがポイントです。みんなでつくったスマホ宣言を、学校でどうやって広めていくかも考えました。自分たちに身近な問題の解決策を、避けることなく自分たち自身で考えていくアプローチは、まちづくりと共通するものがあると思いました。


 いこまスマホ宣言2016

レターズアルパック202号・目次

2017年3月1日発行

特集「願い」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

地域に寄り添って地方創生を考える

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど