レターズアルパック205号

特集「秋の夜」
博多の夜の風物詩「屋台」を楽しむ

執筆者;九州事務所((株)よかネット)/山崎裕行

 九州・福岡は、ようやく夏の暑さが和らぎはじめてきました。毎年、暑さが厳しくなっているように感じますが、みなさんの地域は如何でしょうか。
 8月末に新潟に行く機会があったのですが、福岡が最高気温31度の日に、新潟は26度だったので、驚いたところです。
 さて、本題。今号のテーマが「秋の夜」ということで、涼しくなって来た時に「行きますか!」となる場所と言えば、やはり「屋台」でしょうか。屋台は、もちろん季節を問わずに出ています。夏の屋台は、四方の扉が外され風通しは良いのですが、暑い時はどうしても足が遠のいてしまいます。しかし、これからは心地よい風にあたりながらのビール、焼き鳥、ラーメンが最高に美味しい季節です。肌寒い時には、味がしみ込んだおでんも忘れてはなりません。九州事務所のすぐ近くにも屋台街があり、10軒程度の屋台がそれぞれの味を競っています。常連さんから観光客まで、ぐるりとカウンターを囲んで美味しいお酒、料理に舌鼓。定番の味から、この季節だから味わえるものまで様々です。各屋台、多くても10人程度の客席なので、知らない人同士であっても、すぐに打ち解けて会話が弾みます。
 このような福岡の屋台ですが、平成25年に市の屋台基本条例が施行された際には、屋台街の移動(別の場所での営業)や、公募による屋台選定などがあり、少し混乱が見られました。名義を借りて屋台を運営していた方の中には、公募から落ちてしまい辞めざるをえないお店もありました。福岡の屋台は観光資源でもあり、「店主」「お客」「地域」それぞれ共存することで、これからも長く残ってほしいものです。
 お気に入りの屋台で過ごすもよし、色々な屋台を巡り食べ(呑み)歩くもよし、九州・福岡にお越しの際には、ぜひ、屋台をお楽しみください。


事務所近くの屋台街

レターズアルパック205号・目次

2017年9月発行

特集「秋の夜」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

地域に寄り添って地方創生を考える

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど