レターズアルパック205号

特集「秋の夜」
大阪湾秋の風物詩「タチウオ釣り」

執筆者;地域産業イノベーショングループ/山部健介

 私は一年を通じて、四季折々さまざまな釣りを楽しんでいるが、秋は回遊魚であれ根魚であれ、その気になれば、どんな魚とも遊ぶことができる。
 今回、紹介するのは、大阪湾秋の風物詩「タチウオ釣り」である。タチウオは、スーパーでも700~800円で切り身が販売されており、食卓にとっても身近な魚だろう。生態的には、北海道〜九州南部沿岸域の表層から水深400メートル 程度の泥底近くで群れて生活しているが、河口など汽水域まで入ってくることもある。毎年、9月下旬~12月上旬にかけて、大阪湾では岸からの釣り(「おかっぱり」)でも手軽に狙えるようになり、釣り場はどこもタチウオ狙いの釣り人で混雑する。特に、武庫川~西宮浜一帯は、魚影が濃く、タチウオ釣りの「メッカ」とも呼ばれており、私も頻繁に出没している。
 タチウオを狙う時間帯は二つ、早朝と夕方から日没後数時間であるが、この釣りの醍醐味は「夜間のウキ釣り」にある。夜釣りの場合、視認性を高めるため、小型のリチウムイオン電池等を搭載した「電気ウキ」という発光ウキを使うことになる。発光色は、緑・赤・白など様々である。
 さて、釣りを開始しよう。夕方、釣り人は一様に電気ウキを準備して、エサのキビナゴを付けて、一斉に海に投げ込む。隣の釣り人との間隔は5メートルほどしかなく、窮屈である。完全に夜の帳が下りた19時頃、そこには幻想的な景色が広がる。色とりどりの電気ウキが岸から10~15メートルの距離で整列しており、その背後には六甲山の夜景が広がる。毎年、この景色をみるたびに、秋が来たと思うのである。そんなことを考えながら、今日も私は釣具屋へ向かうのである。皆様も、ぜひ大阪湾秋の風物詩をご堪能あれ。


タチウオ釣りの風景(西宮市鳴尾浜)

レターズアルパック205号・目次

2017年9月発行

特集「秋の夜」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

地域に寄り添って地方創生を考える

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど