レターズアルパック205号

「文化資産」を活かす

執筆者;名誉会長/三輪泰司

 「持続可能な地域づくり」は、何を目指し、どんな方法で進めるのか。アルパッは何のために、どのように持続するのか。「文化資産」活用の実践に、一つの答えがありそうです。

アーカイブ-国民の「資産」になる

 国立国会図書館関西館での「学研アーカイブ」構築作業はほぼ完了しました。館の専門家に、“閲覧者が見つけ易いように、見よいように”とアドバイスを頂き、分類を手直ししました。
 「三輪文庫」は、初動から奥田懇談会準備、懇談会運営、国土庁等調査と大きく3つに分かれ、その特徴は各界へのヒアリング、事務局の状況分析・戦略討議の記録が多いこと。河川流域調査や人口動態分析など、知見・データ・手法は、今でも使えます。資料・文献は、あるだけではただの紙切れ。保存・分類・検索・展示方法等、整えると「価値」が着き、立派に「資産」になります。 「三輪文庫」は個人資産ではなく、アルパックの資産。名誉会長に任じられていますが決済権はないので、役員会の承認を得て国立国会図書館へ寄贈し「国民の資産」になります。

文化資産―人類の資産を「つなぐ」

 今年、「神宿る島」宗像・沖の島と周辺遺産群が、ユネスコの世界遺産に登録されました。日本では21番目。世界では1000を超えています。
 文化資産を「商品」として活かす「観光」関連ビジネスが着目されています。その経営思想はまだ「成長戦略」型のトレンドのようです。16世紀以来、資本は投資空間を求めて活動を広げてきました。バーチャル空間まで広げて瞬時に飛び回り、いまや成長戦略のフロンティアはなくなったと言われています。でも地球と人類の活動から見れば小さなものです。
 地球上には膨大な自然資産と文化資産の蓄積があります。何もしないと忘れられたり、失われたりします。「文化資産」の内、「文化財」資産が定められます。ユネスコがルールを決め、世界遺産リストに登録し、各国が国内法を整えて規制を掛け「まもり」ます。国際的な「世界遺産条約」と国内での人と金でもって「つなぎ」、人類共有の資産を、享受できるようなります。 古書籍業が輝いてきます。仏典とか古美術とか専門性と連携プレーはまるでアルパック並み。内容を吟味し、値段まで付けます。お客さんは、世界中の図書館・美術館・大学等々。世界社会の進歩に役立っています。

経営資源-自己資本を増やす

 アルパック最大の資産は、50年間の膨大な調査・計画及び設計の蓄積。これも“ある”だけでは倉庫料が嵩むだけの紙の山。
 金井社長時代、歴史的港湾から文化財へ「柱」が建ちました。文化財修復は、時代が進んでも調査内容が古くならないという特性があります。調査報告書そのものに「値段」がつきます。こうした「資産」の価値は、原価計算や積算方式では計れない芸術作品や宝飾品並み。鑑定・オークションの世界です。
 企業会計原則や中小企業会計指針と社内の会計規定は、伝票の山を、経営を導くパワーに変えるルール・システムです。「棚卸資産」評価基準を定めると自己資本強化に「つながり」ます。

社会進歩-目的意識を磨く

 次に、アルパックの存立・持続の目的はなにか?コンサルタント職能の真髄、すなわち「社会進歩」への貢献です。それ故、視野を世界に広げ、足元を見つめ、目的意識を研ぎ澄まし、常にアグレッシブでなければならないのです。
 地域社会は、なりゆきまかせではどうなるか。熱力学の法則が教えています。エントロピー増大を留め、前向きに「進歩」に転ずるのは、人間の意志だけです。アルパックの「信用」の源は、如何なる資本系列にも属しない「自主自立」であること。おかげでハングリー精神が、「意志」を鍛えました。高度経済成長を知らない世代が育っています。

有言実行-「持続」への心得

 アルパックの持続は、新ハングリー世代の成長にかかっています。実際には、文化財調査もデジタル・アーカイブ構築作業も、地味でハードな作業です。その作業の中で、真理を見つけるセンスや感性が養われます。
 今も昔も、云われていますように、シンクタンク、コンサルタント職能のこころすべきは、二つの陥穽(落とし穴)に落ち込まないこと。すなわち、仕事師に留まるな、「業者」になるな、事件師になるな、「情報屋」に終わるなです。持続への心得は、まさに心の内にあり。しんどい時こそ「古典哲学」学習。忙しい時こそ、芸術・芸能に励め、みんなのために奉仕せよです。
 ローカルの文化資源が待っています。自分のふるさとで、事務所のあるまちで、「持続可能な地域づくり」に貢献しましょう。口先で言うだけでなく、実行しましょう。
 なお、デジタルアーカイブ学会(会長:長尾真・元京大総長・元国立国会図書館長)は、4月に設立されました。


レターズアルパック205号・目次

2017年9月発行

特集「秋の夜」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

地域に寄り添って地方創生を考える

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど