レターズアルパック203号

町内からファンづくり!
地元スーパーと連携した特産品の試食販売会

執筆者;地域産業イノベーショングループ 武藤健司

みなさんは、お世話になった方に手土産やギフトを贈る場合、どのような視点で選びますか。センスも問われるシチュエーションです。

 私は、相手の好みをイメージし、自分では買わないけど、貰って嬉しい、こだわりや特別感がある商品を選びたいと思います。地域と商品の両方の魅力を語れる特産品なんか最適ですね。
 昨年度、兵庫県佐用町で特産品のブラッシュアップ(個別支援)、販路開拓に向けた展示商談会(アグリフードEXPO大阪)への出展、佐用町の特産品を示すブランドネーム「佐用風土」の構築・PR支援などをサポートしました。販路開拓には、町民からまず認知され、応援をもらう動きが必要であり、それらを目的とした地元での試食販売会を3月に開催しました。
 地域の特産品を地域で販売・PRする取組は、多くの自治体で実施されています。しかし、「集客が見込めない」、「参加者が特定の層に限定される」、「予算が切れて一過性になる(定着しない)」などの課題があり、成功例が少ないのが現状です。佐用町では、これらの課題を見据えて企画を検討し、地元で集客力があるマックスバリュ佐用店にアプローチしたところ、「地域貢献、地域連携事業を重視しており、ぜひ協力したい」とご快諾いただき、連携が実現しました。マックスバリュ佐用店からは、場所の提供だけでなく、新聞の折込広告や店頭での事前PR、購入者への景品提供など、多大なご支援をいただき、より効果的な販売・PRができました。
 住民へのまちの魅力発信ニーズが高まる中で、町単独の開催ではなく、地元事業者と連携した今回の取組は、行政・地元スーパー・出展者・来場者のそれぞれにとってWin-Winの関係となり、新しいモデルになるかもしれません。佐用町が誇る特産品。家庭用に、ギフト用にいかがでしょう?
*本業務は、地域産業イノベーショングループの原田弘之も担当しています。
佐用町の特産品カタログはこちら
佐用町特産品ガイドブック「佐用じまん」 


うまいもんフェアPRチラシ

当日の様子

当日の様子

レターズアルパック203号・目次

2017年5月1日発行

特集「ぶらり」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

地域に寄り添って地方創生を考える

新人紹介

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど