レターズアルパック203号

隈研吾氏「メインストリートの未来」を語る!
ミナミ御堂筋の会シンポジウムを開催

執筆者;都市・地域プランニンググループ 絹原一寛

 2月24日、世界でご活躍の日本を代表する建築家、隈研吾氏を招いたシンポジウムを開催しました。アルパックが運営支援する、ミナミ御堂筋の沿道企業からなる「ミナミ御堂筋の会」の主催です。
 世界中でメインストリートが競いあう時代、人間がまちを作る感覚を空間としてどう実現するか。質感や場所の個性、表と裏の連続性、機能の複合性など、ご自身が手がけられた建築から着想を得たメインストリート、ミナミ御堂筋のあるべき姿について、示唆に富むご提言をいくつも頂戴しました。
 ミナミ御堂筋の会では、今年、大阪市等で推進する御堂筋80周年記念事業とリンクしながら、100年後も見据えたメインストリートのあり方を発信していきます。ご期待下さい。


  

レターズアルパック203号・目次

2017年5月1日発行

特集「ぶらり」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

地域に寄り添って地方創生を考える

新人紹介

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど