レターズアルパック203号

都市農業は近くにいる消費者に農産物を直接プロモーションできます!
~鉄道拠点駅でのマルシェ × 沿線の地元での農業体験~

執筆者;地域産業イノベーショングループ 原田弘之

「富田林の大阪なすは春が旬!今夜のおかずにいかがですか~」をうたい文句に、3月末に大阪の南海難波駅で開催された「沿線マルシェ」(主催:南海電鉄)に出店しました。

 南海難波駅は大阪の泉州地域や、富田林を含む南河内地域の住民の利用者が多く、産地を身近に感じる人も多いと考えられます。そうした中で、できるだけ多くの方に「富田林の大阪なす」を知ってもらうために、なすの被り物を使って、生産者の子供も一緒になってPRしました。
 さて、一方で富田林のなす産地でも、同じく3月下旬に親子を対象に、「富田林の特産品『大阪なす』の食農体験ピクニック|なすびマンと一緒に、大阪なすの収穫とピザづくり|」を開催しました。若手農家集団やキッチンカーの事業者と協力して、焼きなす、なすジュースづくり、なすの袋詰めとシール貼り体験なども行い、なす嫌いの子どもたちからも好評でした。
 都市農業は、地方部の大型産地と較べて規模や量では負けてしまいます。そこで、すぐそばにいる多くの消費者に直接訴求することが武器になります。その取組の1つがマルシェや農業体験です。さらに電鉄会社と連携して広報や移動の面で効果的な企画にするなど、今後もいろいろ展開のしようがあるのではないでしょうか。
*上記の取組は富田林市からの受託業務で、原田、渡邊、武藤、片山が担当しました。


 

レターズアルパック203号・目次

2017年5月1日発行

特集「ぶらり」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

地域に寄り添って地方創生を考える

新人紹介

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど