レターズアルパック201号

京町家の「いま」と「これから」京都市内にある京町家の「いま」を調査中。

執筆者;地域再生デザイングループ 戸田幸典

アルパックでは、京都市が平成20・21年度に実施した調査で確認された約4万8千軒の京町家について、京都市から委託を受け現況調査を実施しました。

 調査は、昨年9月末から12月中旬にかけ、約40人の調査員が毎日交代で京都の街中を歩き、京町家の残存状況や空き家の判定、滅失・解体後の用途について写真を記録しながら実施しました。調査にはスマートフォンを活用、現場からクラウドのデータベースに調査データを送信(セキュリティ対策実施した上で)することでリアルタイムに確実な調査データの記録を行いました。
 調査結果を眺めていると、市内中心部では町家の保全や活用が一定行われてることに対し、周辺部ではこの約7年で滅失した京町家の割合が多い印象を受けます。
 今回の調査は地域に適した保全・活用や環境整備の手法、また適切な管理方法について検討する土台となるものだと考えています。
 まさに今、京都市では委員会を設置し、今後の京町家の保全・活用の施策や取り組みについて条例制定も視野に検討を進めています。アルパックはその検討への支援にもたずさわっています。


町家調査の様子:1軒ずつ現場で確認

現場から調査情報を送信する調査データベース

レターズアルパック201号・目次

2017年1月1日発行

特集「新しい風」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

編集後記

まちかど