レターズアルパック201号

編集後記

執筆者;レターズアルパック編集委員会

◆200号の歴史と伝統(?)の重みを感じつつ、新しい試みに勇気を持って一歩踏み出しました。 片思いの手紙は淋しいものです。お返事お待ちしています。(坂井)

◆新しいアルパックを感じていただける201号にしよう!と取り組んだ誌面のリニューアル。そして、アルパック本体や自分自身ががどのように新しくなっていくのか!?乞うご期待!(嶋崎)

◆もっと手に取ってもらえる、もっと読んで楽しくなる、そんな冊子を目指そうという声からはじまった今回のリニューアル構想。アルパック50年を機に、ようやく実現できました。今後も進化し 続けるレターズにご期待ください。(長沢)

◆ 編集委員になってから、早24年。この間、紙版印刷からDTP編集、ホームページの開設、何度かの紙面リニューアル。これからも「新しい風」を感じるお便りをお届けしたいと思います。乞うご期待!(中村)

◆年の瀬の編集です。お手紙感アップでまるっと刷
 新し、お手元に届くのは酉年です。鳥といえば、
 賀茂川には、たくさん冬鳥が遊んでいます。当家
 謹製の鴨鍋やなんぞに……お腹減ってきました。 (廣部)

◆読者の方の目線を大切にした紙面リニューアルを試みました。皆さまのご意見でブラッシュアップしていきたいと思っています。(鮒子田)

◆郵送でもお届けしているアルパックレター。誌面の大幅リニューアルと合わせ、封筒もビニールに変更です。受け取った時から開けたくなる、わくわくする情報を発信していきます!(武藤)


レターズアルパック201号・目次

2017年1月1日発行

特集「新しい風」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

編集後記

まちかど