レターズアルパック201号

イケフェスで、お建築(たから)発見!!

執筆者;建築プランニング・デザイングループ 増見康平

11月5日、6日の2日間にかけて、「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2016」(イケフェス)が開催されました。

 このイベントは、船場を中心に「生きた建築」が一斉に特別公開されるものであり、今回で3度目の開催です。アルパックが船場に移転して、はや3ヶ月が経ちました。平日はサラリーマンが忙しく歩き、休日はほとんど人がいないまちという印象がありますが、この2日間は、まちを歩く人々の層が多種多様になり、至る所でイケフェスのパンフレットを持つ人が見られ、普段行列なんてできない場所に行列ができるといった、いつもとは全く異なるまちに変貌します。

お建築(たから)の発見は、まちの愛着を育む。

 イケフェスで公開されている建物は、面的に広がって位置しているため、建物間の移動を余儀なくされます。まちを歩いている際、思わぬ発見やサプライズと出会うことが私の最大の楽しみです。
 公開建物を渡り歩くことで観る目が洗練されるのでしょうか。普段何気なく通っている道の何気なく見ていた建築や風景に興味を抱いたり、面白いなと思ったりと新たな発見があります。このような過程で新しく発見できた建築には、まるでお建築を発見したかのように特段の喜びや感動を感じます。
 来年のイケフェスでは、どんなお建築(たから)との出会いがあるのでしょうか。


組積造のような表情を魅せるRC造

近未来を想像させる外観の住宅

レターズアルパック201号・目次

2017年1月1日発行

特集「新しい風」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

編集後記

まちかど