レターズアルパック201号

新しいウツワに、今までと違う気持ちを盛ろう。

執筆者;(株)バード・デザインハウス 鳥山大樹

 わが事務所のある天神さん界隈とまたひと味、流派が違う大阪らしいところ(文化・歴史・食・景観など)が山ほどある船場にアルパック(なぜか、呼び捨てです)が引っ越してきて、はや半年が経ちます。
 大阪ビジネスパーク(OBP)の時も「それなり」でしたが、この船場に来て所員さんの働きぶりや、雰囲気、ご飯の食べ方など、気のせいかなんか変わった感じになった方が見受けられます。いや、ほんと。 界隈とまたひと味、流派が違う大阪らしいところ(文化・歴史・食・景観など)が山ほどある船場にアルパック(なぜか、呼び捨てです)が引っ越してきて、は や半年が経ちます。 大阪ビジネスパーク(OBP)の時も「それなり」でしたが、この船場に来て所員さんの働きぶりや、雰囲気、ご飯の食べ方など、気のせいかなんか変わった感じになった方が見受けられます。いや、ほんと。 人間は「環境の動物」でいろいろなものに影響を受け、日々暮らしてます。大阪商人は「世間よし」を大切にしていて、まず世間があってこそ生業が成り立つとして、世間(環境)のこと大切にしてきました。 わが天神エリア組もそのことを忘れず精進していきたいと思っています。
 で、船場の商人の心を持つ、「大阪・船場のコンサルさん」と親しみを込めて呼ばれる日がもうそこまで来ています。(上から目線ですかね・・)


天満宮正門:大阪天神橋にあります

佐用町ひまわり館:ブランド開発から

緒方洪庵像:適塾(アルパックすぐ隣) 

 

レターズアルパック201号・目次

2017年1月1日発行

特集「新しい風」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

編集後記

まちかど