レターズアルパック206号

特集「スポーツ」
地域に愛される王道のチームスポーツ「バレーボール」

執筆者;地域再生デザイングループ/竹内和巳

 こんにちは。社会人になっても性懲りもなくバレーボールを続けている竹内です。
 私がバレーボールを始めたのは中学生なので、かれこれ10年以上になります。大阪に引っ越してきてからも、クラブチームに入って週末(があれば)練習に行っています。
 まずはバレーボールの魅力を紹介したいと思います。バレーボールの特徴としては、(1)相手とコートがわかれている(味方とのやり取りに集中できる)、(2)相手のコートに返すまでに3回までボールを自陣でつなぐことができる(味方の能力を引き出すことが重要)、(3)コートが他のスポーツに比べて狭い(コミュニケーションが取りやすい)、(4)1点ごとにプレーがきれるため、プレー間の時間が頻繁にある(コミュニケーションの機会が多い)、などが挙げられます。
 要するに、チームスポーツとして盛り上がるための要素がたくさん詰まっており、チームスポーツが好きな方にはもってこいのスポーツなのです!
 このままでは、ただのバレーボール日記になってしまうので、地域に支えられている市民球団について少しお話します。
 少し前に、私の出身地である静岡県浜松市に「ブレス浜松」というバレーボールチームができました。このチームは、親会社がなく、パートナー企業の支援や入場料で運営する市民球団です。選手は地元の協賛企業等で働きつつ、夜に集まって練習をしています。また、地域の観光pR活動や、スポーツ教室なども行っています。バレーボールでも、地域の支えによって成り立つスポーツチームの運営がどんどん浸透していって、もっともっと地域の中で愛されるスポーツになるとといいなと思います。バレーボールもサッカーのように、1つの企業でなく、地域に支えられる時代が来ているのかもしれません。


 

レターズアルパック206号・目次

2017年11月発行

特集「スポーツ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど