レターズアルパック206号

「景観読本」ができました

執筆者;都市・地域プランニンググループ/中井翔太

 景観づくりにおいて、望ましい建築デザインのあり方があらかじめ定まっているような地域は殆どありません。読者の皆さんの中には日頃、そのような問いに悩みながら建築設計や関連する業務に携わっておられる方も少なくないでしょう。
 「周辺のまちなみと調和のとれた建物となるよう努めてください。」みなさんはこの非常に曖昧な要求に対し、どのように答えられるでしょうか?
 今年の10月に大阪市の景観計画が改訂されました。市域を市街地特性に応じて、詳細に区分し、よりきめ細やかな景観形成を図るという趣旨です。アルパックでは、この改訂と景観計画に関する届出マニュアルである「景観読本」づくりをサポートさせていただきました。
 大阪市の「景観読本」は、建築物を設計する敷地の特性や周辺景観の読み解き方、景観形成方針を踏まえたコンセプトメイクの例、景観形成基準の解釈例などを丁寧に紹介しているのが特徴です。
 とてもお節介な内容ですが、大阪市の市街地は多様で、目指す景観像が明確でないことから、景観形成における具体的な方向性と定量的な配慮事項を示すことが困難です。そのため、景観計画には、前述のような抽象的・定性的な配慮事項(景観形成基準)が散見されます。抽象的・定性的な基準についてはその解釈と設計への落とし込み方に一定の幅が生じるため、参考例を通じて基準に込めた意図を示すしかありません。
 この「お節介」は、単に基準の遵守を求めるだけでなく、、設計者の方々との対話(協議)の中でその敷地にふさわしい景観について考えていきたいという大阪市のスタンスを表しています。景観計画の協議の際に限らず、皆さんが大阪の景観について考えたり、お話をする機会にも役立つ内容になっています。是非、一度手に取ってみてください。


この混沌の中でいかに建築すれば良いのか

レターズアルパック206号・目次

2017年11月発行

特集「スポーツ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど