レターズアルパック206号

「イノベーション・キュレーター塾」を卒塾しました

執筆者;地域産業イノベーショングループ/江藤慎介

 平成28年9月から平成29年7月までの約1年間、京都市ソーシャルイノベーション研究所が主催する「イノベーション・キュレーター塾」に第2期生として入塾し、無事に卒塾しました。
 京都市では、平成23年度より、様々な社会的課題をビジネスの手法で解決するソーシャルビジネスの支援に全国に先駆けて取り組んできました。こうした中、平成26年度に「京都市ソーシャル・イノベーション・クラスター構想」を取りまとめ、その推進拠点として公益財団法人京都高度技術研究所内に京都市ソーシャルイノベーション研究所を設置。「これからの1000年を紡ぐ企業認定」や「ソーシャル・イノベーション・サミット」の開催や、社会的企業の京都誘致等に取り組んでいます。
 このような取り組みのひとつが平成27年度から実施している「イノベーション・キュレーター塾」です。経営者とともに社会的な課題をビジネスの手法で解決するため、多様な情報の海から未来を実現するための鍵を拾い上げる力を持った「キュレーター」が大切になります。当塾では、フェアトレードのセレクトショップ運営等に取り組む(株)福市 代表取締役の髙津玉枝氏を塾長に迎え、ゲストスピーカーとのセッション等から学ぶとともに、塾生一人ひとりが「マイプロジェクト」を探求するプログラムとなっています。これは単に知識を身につけるだけでなく、自ら実践することで、キュレーションに必要な、問いを立て、答えを導き出す「型」が身につくという考えによるものです。


 

 私が入塾した第2期では、大和総研の河口真理子氏からSDGsやパリ協定、ESG投資等の世界情勢を学び、またNPO法人スマイルスタイル(平成29年10月にNPO法人ハローライフへ法人名称変更)の塩山諒氏やパタゴニア日本支社の辻井隆行氏からはローカル/グローバルでのソーシャルビジネスの実践を学ぶなど、充実したプログラムが展開されました。また、高津塾長や、研究所長の大室悦賀氏(京都産業大学 教授)、塾生同士からの厳しい意見をもらいながら、塾生自身のマイプロジェクトを磨きました。ちなみに私は、「まちづくり」という名前の“潜水艦”(=潜水艦の中の常識が、潜水艦の外では通じない世界)からなかなか抜け出せず、私自身が業界の沼地に嵌っている現状を改めて認識しました。
 世界だけでなく国内でも、徐々にソーシャルビジネスの輪は広がっています。既に平成29年9月からは第三期「イノベーション・キュレーター塾」がスタートしています。あなたも持続可能な社会の実現を目指す、“四方よし”(三方よし+未来よし)ビジネスの支援者になりませんか?


 

レターズアルパック206号・目次

2017年11月発行

特集「スポーツ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど