レターズアルパック206号

地元の企業や産品を見て、知って、自慢しよう

執筆者;地域産業イノベーショングループ/高田剛司

 埼玉県川口市のSKIPシティで、「川口市産品フェア」が10月27日(金)~29日(日)の3日間開催されました。
 最終日は台風22号の接近による大雨で、あいにくの天気になってしまいましたが、それでも大勢の市民が訪れ、特に就学前児童から小学生ぐらいまでの子ども連れが多かったのが印象的でした。
 当日、ものづくり企業のブース会場を廻ってみると、いわゆるインスタ映えのする展示に出会いました。カラフルにデザインされたマンホールの蓋を展示している鋳物企業の紹介ブースです。出展企業の方にお話をうかがうと、鋳物のまち・川口を発祥の地として、現在も本社があり、工場は県北部とのこと。全国各地のマンホールの蓋を製造し、この会社と中国地方のもう1社で国内シェアの多くを占めているということでした。


 

 川口といえば、吉永小百合が主演の映画「キューポラのある街」の舞台として一躍有名になりましたが、それも半世紀以上前の話。現代において、ものづくりの楽しさやワクワク感を伝えるには、今回のような産業フェアを通じて、見て・知って・身近に感じ、さらにはSNSで発信したくなる仕掛けがとても大事であると思った一日でした。
※今年度、アルパックでは川口市産業振興指針策定のお手伝いをしています。


色とりどりのマンホールの蓋 

 

レターズアルパック206号・目次

2017年11月発行

特集「スポーツ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど