レターズアルパック206号

傘の花が咲き、虹の橋がかかった桂ヴィレッジフェス

執筆者;地域再生デザイングループ/嶋崎雅嘉

 今年の秋は、週末ごとに台風が来るなど天候に恵まれず、全国的に様々なイベントが順延になったり中止を余儀なくされたりしました。
 そのような中、雨天対応に苦慮しながらも開催されたイベントも多くありました。
 阪急桂駅(京都市西京区)近くにある西山別院で開催された「桂ヴィレッジフェス」もその一つ。私も実行委員の一人としてかかわっているイベントです。
 秋晴れの青空のもと「ステージエリア」の音楽を楽しみながら、地域の魅力的なお店の出店による「カフェエリア」「ワークショップエリア」などが軒を連ねる予定でしたが、日本列島に迫ってくる台風の影響で朝から雨模様の一日となったため、あらかじめ準備していた雨仕様のレイアウトとなりました。
 銀杏の木の下で繰り広げられる予定だったステージは、西山別院の本堂で行われ、厳かな雰囲気の中でクラシックやジャズが演奏されました。
 桂駅周辺の魅力的な飲食店を集めたカフェエリアは雨の中予定通り出店し、お客様は西山別院の研修施設内で美味しい食事を楽しみました。同じ室内には、「一箱古本市」も移動してきており、雨仕様のレイアウトならではのブックカフェとなりました。  雨で水たまりだらけになった境内に目を向けると色とりどりの傘の花が咲き乱れ、本堂の軒下では、雨音をバックにくつろぐ人たちの姿が見られました。


 

 

 イベントは晴れれば8割成功などといわれるにもかかわらず、実行委員会のリーダーは「恵みの雨」と話していたのがステキです。
 そして、フェスの終了時間に合わせて、一瞬雨が上がり晴れ間がのぞいたかと思うと、東の空に大きな虹の橋がかかるというドラマティックな演出に、来訪者も実行委員にも笑顔が広がりました。雨のイベントもなかなかに楽しめるものです。

https://www.facebook.com/katsura.village/


 

レターズアルパック206号・目次

2017年11月発行

特集「スポーツ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど