レターズアルパック206号

特集「スポーツ」
ヒルクライム大台ケ原since2001 ~その日、村は自転車一色となった

執筆者;建築プランニング・デザイングループ/原田稔

 今年で16回目となる奈良県上北山村の「ヒルクライム大台ケ原since2001」は村の若者で構成される村づくり団体「ワーク21上北山」の提案で始まった地域おこしのためのイベントです。  日本百名山でもある大台ケ原に設定された、約35キロメートル、標高差1・24キロメートルの急勾配な坂道コースを自転車で麓から一気に駆け上がるレースです。コースには世界遺産「大峯奥駈道」を有する大峯連山を眺める絶景が広がり、今年も村の人口の2倍の約800人の選手が大自然の中を駆け抜けました。  大会では村民の方々だけでなく村外からも多くのボランティアスタッフが参加し、前日には石拾いなどのコース整備が行われ、大会当日は早朝より沿道に出て応援するなど、村をあげての素晴らしい大会となりました。  ヒルクライムは自転車(自転車以外の競技もある)で山や丘陵地に設定された上り坂をひたすら登りつづけるタイムレースのため、自転車も選手も軽量化が求められるとともに、コースの状況や選手の特性に合わせたギアの選択が重要なカギとなります。大会の知名度が上がるにつれて、大会以外の日にも試走のために上北山村を訪れる選手も増えてきているようです。  これからも大会を長く続けることで村の元気を醸成するとともに、村の中に自転車乗りの姿が増え、将来はヒルクライムのメッカとして全国にその名を発信していけるように応援していきたいと思います。できればいつかは選手としても…。


 

レターズアルパック206号・目次

2017年11月発行

特集「スポーツ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど