新着情報

イベント 第11回CITEまちづくりシンポジウム「未来都市に向けて~ポスト2025年の大阪を展望する」のご案内

2018年2月2日

第11回CITEまちづくりシンポジウム「未来都市に向けて~ポスト2025年の大阪を展望する」

まちづくりシンポジウム「未来都市に向けて~ポスト2025年の大阪を展望する」

◆日 時:2018年2月2日(金)午後3時~午後5時30分(開場:午後2時30分)
◆会 場:インターコンチネンタルホテル大阪 HINOKI(2階)
インターコンチネンタルホテル大阪(大阪市北区大深町3番60号/グランフロント大阪北館タワーC、レセプション:ホテル20階)
会場アクセス → インターコンチネンタルホテル大阪へのアクセス

<まちづくりシンポジウム>
◆基調講演
2025年国際博覧会の大阪・関西誘致に向けて
講 師:東 哲也氏
 ( 経済産業省商務・サ-ビスグループ博覧会推進室博覧会国際企画調整官)
◆パネルディスカッション
基調講演の「2025年国際博覧会の大阪・関西誘致に向けて」のお話をふまえ、パネルディスカッションの
テーマ『未来都市に向けて~大阪の未来を展望する~』ついて、基調講演者の東氏を交え橋爪氏、高橋氏、
坂田氏による考察や議論をしていただき、提案していただきます。

コーディネーター:橋爪 紳也氏(大阪府立大学研究推進機構特別教授)
パネリスト:
東 哲也氏( 経済産業省商務・サ-ビスグループ博覧会推進室博覧会国際企画調整官)
高橋 徹氏(大阪市都市計画局理事兼経済戦略局理事)
坂田 恒昭氏(大阪大学サイバーメディアセンター招聘教授)
◆定 員:150名(要事前申込み)
◆参加費:無料
◆主 催:CITÉさろん
◆締め切り:1月25日(木)
◆申込み方法:
(1)ホームページ、または(2)FAXでお申し込みください。
(1)http://kokucheese.com/event/index/503315/
(2)FAX:06-4963-2087 CITÉさろん事務局:(一財)都市技術センター内
※ホームページからお申し込みの方には、お申し込み後、ご記入いただいたE-mailアドレスに、FAXでお申し込みの方には、手続き完了後、ご記入いただいたご連絡先へ受付完了のご連絡をいたします。

チラシ(PDF)はこちら

※大阪事務所のスタッフがお手伝いしています。

イベント第22回「計画行政の実例から学ぶ講座」のご案内

2018年1月28日

一般社団法人日本計画行政学会関西支部の第22回「計画行政の実例から学ぶ講座(略称:実例講座)」を、下記のとおり開催いたします。

<以下、関西支部のHPから>
“がもよん”こと、大阪市城東区蒲生四丁目地区では、古民家・長屋を再生して飲食店にリノベーションする動きが広がり、現在では21箇所にのぼっています。また、毎月、飲食のイベントが開かれ、活気あるまちづくりが取り組まれています。
今回の実例講座では、この事業に中心的な役割を果たしてこられた R PLAY OFFICE 代表の和田欣也氏から、「がもよんプロジェクト」のきっかけや取組にまつわるお話をうかがい、その後、現地視察を行います。

■日 時:2018年1月28日(日)午後2時から5時
<行程(予定)>
午後2時~4時 講演、質疑等(於:マニアック長屋)
その後、徒歩で“がもよん”を視察(~午後5時頃まで)
■集合場所 マニアック長屋 http://r-play.jp/maniac-nagaya/
■テーマ 「“がもよん”にぎわいプロジェクト」
■講 師 和田 欣也 氏( R PLAY OFFICE 代表)
■参加費 1,000円(会員、非会員とも) ただし、学生・院生(社会人を除く)は無料
(懇親会は実費をご負担ください)
■定員 20名(先着順)
■主催: 日本計画行政学会関西支部
■申込み〆切:1月19日(金)まで
※ 20名の受け入れ枠が一杯になれば、それ以降のお申し込みはお断りいたします。

詳細はこちら↓↓
案内状(PDF:350KB)をご覧ください。
日本計画行政学会関西支部

※アルパックは、日本計画行政学会関西支部事務局を担当しています。

レターズアルパック207号(新年号)を発行しました

2018年1月

特集「チャレンジ」

特集「チャレンジ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど